混雑シーズン時の渋滞を避けるには早出するに限ります

10連休の2日目に山中湖へ日帰りで行ってきました。
東名高速道路の渋滞にあわないかが心配でしたが、行きも帰りも全く問題ありませんでした。
早めの行動の大切さを実感しました。

img1346.jpg







ルートは以下のとおりです。

自宅-水道道-(西岸根)-横浜上麻生道路-(岸根)-環状2号線-(新桜ケ丘IC)
-保土ヶ谷バイパス-(横浜町田IC)-東名高速道路-(足柄SA)-(御殿場IC)
-御殿場バイパス・箱根裏街道(国道138号)
-旭ヶ丘(山中湖旭日丘セブンイレブン横の駐車場)
往復ともほぼ同じですが、帰りの環状2号線からでるルートが若干異なります。

振り返ってみると行きは次のような行程でした。

  1. 自宅近くの駐車場を出発したのが午前4時15分。

  2. 環状2号線までの一般道は車が少なく信号待ちもほとんどなしに通過。

  3. 環状2号線は車が少なく右車線をスムーズに走行。

  4. 新桜ケ丘ICの右折も信号待ちなしに右折。

  5. 保土ヶ谷バイパスは始めは中央の車線、下川井から左車線を走って横浜町田ICに着きます。
    このICは急カーブの連続で最徐行です。

  6. 東名高速道路を走ったのは午前5時過ぎの時間帯ですが、連休中とありさすがに車の量は多い。
    原則中央の車線を走りますが、詰まり気味のところでは右車線を走行。
    大和トンネルは渋滞なしです。でもあと1時間もしたらどうかなという雰囲気は感じました。
    足柄SAでトイレ休憩で10分余り停車。ここはエリアへの入口が渋滞気味。
    タイミングよく駐車スペースを見つけられないと予定外の時間ロスになりますね。

  7. 御殿場ICの第1出入口で出てすぐに山中湖方面に左折すれば高速道路から楽に出られます。

  8. 御殿場ICを出てから山中湖までは確か3度めなのであまり迷うことはありません。
    道に迷ったり進路を探したりするのに停車すると時間ロスになりますが、今回は問題なし。

  9. 唯一、東富士五湖道路の須走ICは進路がわかりにくいところです。
    短い無料区間を走って、無料区間終了の表示手前で左に出ます。
    信号を右折(この信号待ちが長かった)し、東富士五湖道路のガードをくぐったらすぐに左折します。
    道路標識がわかりやすくなってました。

  10. あとは山道を登って、籠坂峠を超えれば、下り坂を注意しながら進むだけ。

  11. 旭ヶ丘交差点で山中湖に突き当たり、左折してしばらくのところにセブンイレブンがありその先の駐車場に車を入れます。
    ジャスト午前6時。到着です。


道が混まず迷わなければ早く来られるものです。








娘夫婦と孫が待っていて、私達夫婦が合流します。
山中湖では、セブンイレブンで朝食、
みさきキャンプ場でバスフィッシングとバーベキューを楽しみました。
午後1時には帰り支度を始め、午後2時に帰路につきます。

  1. この頃には道沿いの駐車スペースはほぼ車で埋まっています。
    みさきキャンプ場から山中湖畔を旭ヶ丘までの道路は、出入りの車があるたびに停車するので時間がとられます。

  2. 旭ヶ丘の交差点を右折してからはとても順調に進みました。

  3. 東名高速道路の御殿場ICにもスムーズに入れましたし、車の流れもスムーズです。
    途中足柄SAでトイレ休憩をとった以外はノンストップで午後4時半ごろには帰宅できました。


振り返ってみると、行きも帰りも渋滞の列に先行できています。
ラジオの渋滞情報によれば、私達が通り過ぎたあとの東名高速道路の上り線で事故があったようです。
事故渋滞に巻き込まれたらその後の予測は全くつかなくなります。
巻き込まれなくてよかった。

4月28日は今回の10連休中で一番の好天が予想されてました。天気予報通り。
前日に雪が積もったようで周りの山も富士山の雪も白が眩しい。

早朝の山中湖畔は気温が摂氏1度、寒さに震えます。
早朝の雲ひとつない富士山の絶景が楽しめましたし、
帰り道での山中湖畔から見上げる富士山も格別でした。

img1347.jpg


写真は3年前の同じ頃に撮影したものを再掲します。
今回はフィッシングや食べること、そして景色に見とれすぎて写真を取るのを失念してしまいました。

心のアルバムにしっかりストックです。
良い思い出になりました。









この記事へのコメント

【PR】近所で見つかるかも。探す価値あります。